ブログタイトル
やみくもに頑張る成長記録      

自分が事故をしなくても、型式別料率クラスが上がると保険料が高くなる!?

f:id:hachinokoto:20190605233938g:plain

こんばんわー。
自動車保険にちょっとだけ詳しいハチです。
※内容に合わせて画像を変更しました^^ 
 でも、タイヤが回っていませんでした・・・。
 まっ、気にしない気にしないwww  @2019.06.05

 

 

プリウスが悪目立ちしていますが、プリウスにお乗りの方は次回更新時の保険料が上がってしまう可能性がありやなしや・・・です。

 

 

『なんで!? 自分は事故をしていないんだから、来年は等級も上がるし保険料は安くなるんじゃないの?』
・・・と、思いますよね。
でもね、自動車保険料を算出するのに重要なのは等級だけではないのです。

 

 

型式別料率クラスってご存じ?

 ↓ ↓ ↓

 

同じ車種で、同じ型式を持つ車が起こした事故の割合によって、料率クラスが1~9に分けられています。(数字が大きいほど保険料が上がる)
しかもそれは、対人事故・対物事故など、事故の種類別に適用されています。
で、毎年1月に新しい料率クラスが決定し、次の更新の際にその料率クラスによって保険料が算出されるわけです。


となると、もうおわかりですよね?
「またプリウスが!」とニュースになっているということは、プリウスの事故率が高くなっている可能性大なのです。

 

 

ただですねー、同じプリウスでもグレードなどによって型式が細かく分かれているんです。
事故を起こしたプリウスがみんな同じ型式かどうかは分からないし、その車両とあなたのプリウスの型式が同じかどうかも・・・わからないですよね。

 

それにそれに、ニュースで目にする事で事故率が上がってる気がするだけで、全車種の事故の割合からすると、実はそうでもないのかもしれないです・・・と、思いたい。

 

気になる方は ↓ ↓ ↓ こちらで一度調べてみてもいいかもです。

あと、ABS装置のついている車とか発売して間もない車などについては、割引なんかもあるようなので、各保険会社へお問い合わせくださいませ。 

 

 

事故もしてないし、等級も上がってるのに何故保険料が安くならないんだろう?
・・・と思ったら、型式別料率クラスを思い出してみてくだされ。
ご自身の車の型式は車検証に書いてありますよ。
料率クラスは『保険証券』や『継続のご案内』なんかに必ず書いてるはずですー。

 

 


 


 

日曜・月曜と実はあまり良く眠れてません。
仕事は失敗してないんだよー。
今日こそはぐっすり眠れるように、コーヒーを控えてみました。
寝る前のネットサーフィンも控えめにしようと思います。
それでもダメなら『ネルノダ』を試してみようと思います。

 

 

では、皆様にも良い眠りが訪れますように~
ぐっとないと。